山形県飽海郡遊佐町の歯医者さん

〒999-8301 山形県飽海郡遊佐町遊佐字高砂47-1
JR遊佐駅より 徒歩6分

診療時間
9:00~12:30 × ×
14:00~18:00 × × ×

△:土曜午後は17:00まで 休診日:木曜午後・日曜・祝日

お問合せはこちら

0234-72-2199

口腔ケアについて(院長が遊佐病院会報に寄稿)

口腔ケアについて

遊佐病院の皆様には日頃より特に抜歯前の患者様の状態の照会等で大変お世話になっております。また、要請があった時は入院中の患者様の歯科治療に往診に伺わせていただいたりしております。

今回は執筆依頼のあったテーマの口腔ケアを中心に歯科医師の立場から簡単に書かせていただきます。意外に皆様に知られてないことなのですが、口の中はバイキンでいっぱいなのです。プラークといわれる歯の表面に着くヌルヌルは食べかすではなくバイキンなのです。舌の表面にこびり着いている舌苔と言われる汚れの中にはたくさんのバイキンが居ます。この舌苔はお口の匂い(口臭)の主な原因にもなっています。そのほかの口の中の粘膜にもバイキンが付着しています。

また、入れ歯の表面にもバイキンが繁殖します、清掃しないで使っているとバイキンの巣になってしまいます。洗わない食器を想像してみてください。

この口の中のバイキンが肺の方に行ってしまうと肺炎の原因になってしまいます(誤嚥性肺炎)。

自分で歯を磨けなくなった方に専門家が口腔ケアを行うと肺炎や原因不明の発熱が著しく減るのは介護施設等での調査で明らかになっています。

もちろん遊佐病院でも入院中の方への口腔ケアには力をいれて取り組まれています。

 この誤嚥性肺炎はふだん健康な方にも無関係ではありません、近ごろ相次ぐ地震や台風などで避難生活になり歯みがきが疎かになってしまった方に多発する肺炎も口の中のバイキンが原因なのが知られています。

 また、手術で全身麻酔をする時に気管に管を入れますがこの管に口の中のバイキンが付いてしまうと肺炎等の原因になってしまいます。手術前の患者様に専門的な口腔ケアをすると手術後の経過が良くなり入院期間も短かくすることが出来ることから特定の疾患の手術等の時に歯科で行う口腔ケアは周術期口腔機能管理として健康保険制度にも組み込まれています。

たかがハミガキではないのです。

 もちろんプラークは虫歯、歯周病の原因そのものなのは言うまでもありません。

自分は丁寧に磨いているから大丈夫と思っている方も多いのですが歯周病の対策にはかなりレベルの高いハミガキでプラークをこすりとることが必要です。

普通の歯ブラシだけではプラークは半分も取れないのです、歯の間のプラークは歯間ブラシがないと取れません。少し乱暴な言い方ですが歯間ブラシを使ってない方は何らかの歯周病の可能性が高いと思って差し支えないでしょう。

程度の差はあれ、日本人の8割以上が罹かっていると言われている歯周病ですが近年、糖尿病との相互関係がクローズアップされています。

 

糖尿病があると歯周病に罹りやすく進行が速いことはかなり以前から知られていました。

このことから歯周病は糖尿病の第6の合併症とまで言われています。

今日では歯周病があると糖尿病の症状を悪化させることが分かってきていて、歯周病の治療をすると糖尿病の症状が改善することが示されるようになっています。

歯周病になると歯の周りに歯周ポケットと呼ばれる溝が出来ます。この溝の中にはただ(・ ・)(・)ているところがあります。歯周病の出血はここからなのです。

体の表面の皮膚にこんな(・)(・)(・)があったら痛くてしょうがないでしょが歯周ポケットの中の(・)(・)(・)は通常ほとんど痛くありません。ここからバイキンが血液の中に入り全身に回ってしまうと心疾患、脳血管障害、早産等の原因になります

歯周病もあなどれないのです(ハミガキの時、出血のある方は問題ありです)。

現在、学童の虫歯の罹患率はやっと国際的に恥ずかしくない状態まで改善してきています。しかし検診のない大人ではかなり悪くなるまで気づいていない方もいらっしゃいます。

自分自身で行うセルフケアではどうしても汚れの残るところがあります、お口の健康を保つためには定期的な検診を受けご自身のお口の健康状態を把握し、必要に応じた歯科医師、歯科衛生士によるプロケアを受けられることをお勧めします。