山形県飽海郡遊佐町の歯医者さん

〒999-8301 山形県飽海郡遊佐町遊佐字高砂47-1
JR遊佐駅より 徒歩6分

診療時間
9:00~12:30 × ×
14:00~18:00 × × ×

△:土曜午後は17:00まで 休診日:木曜午後・日曜・祝日

お問合せはこちら

0234-72-2199

日本歯周病学会@横浜に参加しました

2019年5月24日、25日に春季日本歯周病学会が横浜市にて行われました。大滝歯科医院から院長と副院長が参加してきましたので、その報告をいたします。

第62回春季日本歯周病学会

大滝歯科医院では歯周病治療に力を入れており、院長、副院長は日本歯周病学会に所属しております。

また、院長は山形県に3人しかいない歯周病専門医資格を有しています。

そんなバックグラウンドもあり、毎年春の歯周病学会に参加し、最新の知見を得るようにしています。今年の春季歯周病学会は横浜市にて行われました。

学術大会のトピック

 

最近の流れとして、学会でも「全身疾患の中の歯周病」という考え方が浸透してきました。歯周病は微小な慢性炎症と捉えることができます。炎症ですから、その影響は口腔内だけには止まらず、全身と関連してきます。最近では糖尿病と歯周病との関連が多く指摘されてきていますが、「炎症」というキーワードで全身と関連しているのです。歯周病を治すことで多部位の炎症生疾患も寛解する、またその逆もあるというのは共通認識になってきましたし、まだまだ全身との関わりの中でこれから明らかになることも多いと思います。

何れにせよ、「歯周病を診る」ためには「全身を診る」ことが必須の時代になってきています。その上で医科で出てきている「オーダーメイドな医療」が歯周病の分野でも確立していくことを期待しています。

また、今回は保険適用となった歯周組織再生材料「リグロス」を用いて治療を行なった症例が数多く発表されていました。長期経過に関してデータを集めていく必要性がありますが、保険内では使えない材料を使うよりはリグロスの方が患者さんも選択しやすいですし、今後も使用は増えていくのかなと感じています。

もちろん大滝歯科でも歯周外科手術、再生療法を行うことが可能ですので、歯周病でお悩みの際はご相談ください。